コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふくらはぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ふくらはぎ

下腿のふくらんだ部分という意味で,解剖学における腹(ひふく)の俗称。下腿の後面がふくらんでいるのは,主として下腿三頭筋すなわち,腓腹筋とひらめ筋の存在するためである。【藤田 恒夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふくらはぎ
ふくらはぎ / 脹脛

下腿(かたい)の後面の膨らんだところをいい、古名は腓で「こむら」または「こぶら」とよんだ。ふくらはぎの形をつくっているのは下腿三頭筋であるが、この筋は浅層と深層の2筋からなる。普通、ふくらはぎといった場合は、深在するヒラメ筋よりも浅在する腓腹筋(ひふくきん)をさすことが多い。腓腹筋の強直性けいれんが、いわゆる「こむらがえり」である。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のふくらはぎの言及

【足∥肢】より

…下腿は日本固有の言葉では〈はぎ〉または〈すね〉という。下腿の前面を〈むこうずね〉といい,後面のふくらんだ部分を〈ふくらはぎ〉という。大腿と下腿の移行するところを〈ひざ〉あるいは〈ひざがしら〉といい,その後面は曲げるとくぼむので膝窩(しつか)(和名は〈ひかがみ〉)と呼ばれる。…

【筋肉】より

…長頭は脛骨神経の支配で,短頭は総腓骨神経の支配を受けるから,両者は発生学的には由来の異なる筋肉である。
[腓腹筋]
 下腿後面のいわゆる〈ふくらはぎ〉をつくる筋肉で,起始は内側頭と外側頭の2頭があり,両者は起始部で膝窩の下内側縁と下外側縁をつくる。内側頭は大腿骨下端の内側顆から,外側頭は同じく外側顆から起こる。…

※「ふくらはぎ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ふくらはぎの関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかりlonguette fashion吊る・釣る・攣る・痙るフルファッションブーツ(深靴)産褥静脈血栓症サブリナパンツクルーソックスカクテルドレス下腿三頭筋断裂アキレス腱断裂ガウチョパンツカッシュモレワークブーツカプリパンツエチオピア人着圧ウエアデミブーツロマーリオアキレス腱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふくらはぎの関連情報