風下(読み)カザシタ

精選版 日本国語大辞典の解説

かざ‐した【風下】

〘名〙
※平中(965頃)九「みやまなる松は変らじかざしたの草葉と名のる君はかるとも」
② 船の、風の当たらないほう。
※日葡辞書(1603‐04)「Cazaxitani(カザシタニ) ノル〈訳〉船中の風下側に乗る。このことばの反対はカザウエである」

かざ‐しも【風下】

〘名〙
① 風の吹き向かう方向。かざじり。古くは「かざした」という。下風(かふう)。かぜした。かぜしも。⇔風上(かざかみ)。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
② 他人の命令に従ったり、流儀を見習ったりする立場。自分独自の考えを持たないこと。風下(かざした)。下手(したて)。かぜした。かぜしも。→風下(かざした)に居る

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風下の関連情報