風下(読み)カザシタ

精選版 日本国語大辞典の解説

かざ‐した【風下】

〘名〙
※平中(965頃)九「みやまなる松は変らじかざしたの草葉と名のる君はかるとも」
② 船の、風の当たらないほう。
※日葡辞書(1603‐04)「Cazaxitani(カザシタニ) ノル〈訳〉船中の風下側に乗る。このことばの反対はカザウエである」

かざ‐しも【風下】

〘名〙
① 風の吹き向かう方向。かざじり。古くは「かざした」という。下風(かふう)。かぜした。かぜしも。⇔風上(かざかみ)。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
② 他人の命令に従ったり、流儀を見習ったりする立場。自分独自の考えを持たないこと。風下(かざした)。下手(したて)。かぜした。かぜしも。→風下(かざした)に居る

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風下の関連情報