夜討(読み)ようち

世界大百科事典 第2版の解説

(1)夜間の城,館,陣などに討ち入る戦闘形式で,保元のでの高松殿への夜討,赤穂浪士の吉良邸討入りなどはその典型である。中世武士社会では,通常の昼間の戦闘には合戦日時,場所の指定など一定のルールがあったとされるが,夜陰に紛れ名のりもあげず侵入する夜討は,こうしたルールにまったく適合しない。しかし夜討がまったくの無法や卑劣な行為であったわけではなく,武者の一つに数えられていたように,それ自身,昼とは別の正当性をもつものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 夜、不意に敵をおそい打つこと。闇に紛れて敵陣を襲撃すること。夜襲。夜駆け。⇔朝駆け
※将門記(940頃か)「彼の介良兼は兼ねて夜討之兵を構へて」
② 夜、他人の家・宅に討入って財宝を強奪すること。また、その盗賊。夜盗。
※御成敗式目(1232)三条「右右大将家御時所定置者、大番催促、謀叛、殺害人〈付夜討強盗山賊海賊〉等事也」
③ 新聞記者などが取材のために、夜に政治家の私邸などを訪れること。→夜討ち朝駆け

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜討の関連情報