コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずうずう弁 ズウズウベン

デジタル大辞泉の解説

ずうずう‐べん【ずうずう弁】

東北地方に特徴的な鼻音の強い話し方。また、そのことば俗称。「じ」「じゅう」が「ず」「ずう」と聞こえるところからいう。東北弁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ずうずう弁

福豆屋(福島県郡山市)が販売する弁当。名称は東北地方方言の総称として使われる「ズーズー弁」から。JR東日本、郡山駅などで購入できる。福島の方言集入り。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ずうずうべん【ずうずう弁】

東北地方特有の鼻にかかる発音で話される方言。また、その話し方。シ・ス、チ・ツ、ジ・ズが混同し、特にジュウがズウに近い音で発音されることからの俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずうずう弁の関連キーワード東北方言発音

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android