コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずて ズテ

デジタル大辞泉の解説

ず‐て

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+接続助詞「て」》…(し)ないで。…(せ)ずに。上代和歌に用いられた。→[接助]
「人皆の見らむ松浦の玉島を見―や我は恋ひつつ居らむ」〈・八六二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずて

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「て」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。ずに。ずして。 「しのは-我が越え行けば木の葉知りけむ/万葉集 291」 「鳴く鹿の目には見え-音のさやけさ/古今 秋上」 〔上代から中古へかけて和歌に多く用いられた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android