コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずて ズテ

2件 の用語解説(ずての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ず‐て

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+接続助詞「て」》…(し)ないで。…(せ)ずに。上代和歌に用いられた。→[接助]
「人皆の見らむ松浦の玉島を見―や我は恋ひつつ居らむ」〈・八六二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずて

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「て」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。ずに。ずして。 「しのは-我が越え行けば木の葉知りけむ/万葉集 291」 「鳴く鹿の目には見え-音のさやけさ/古今 秋上」 〔上代から中古へかけて和歌に多く用いられた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ずての関連情報