コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずて ズテ

デジタル大辞泉の解説

ず‐て

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+接続助詞「て」》…(し)ないで。…(せ)ずに。上代和歌に用いられた。→[接助]
「人皆の見らむ松浦の玉島を見―や我は恋ひつつ居らむ」〈・八六二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずて

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「て」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。ずに。ずして。 「しのは-我が越え行けば木の葉知りけむ/万葉集 291」 「鳴く鹿の目には見え-音のさやけさ/古今 秋上」 〔上代から中古へかけて和歌に多く用いられた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずての関連キーワード置き去り・置去り掛け捨て・掛捨て言い捨て・言捨て書き捨て・書捨て寄さす・任さす埋もれ木の出で向かふ伊豆手船真日長しいさちる使い捨て然すがに赤ら引く垂乳しの春山詠理掻き捨て抜き出づ言捨てにもが息衝く

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android