コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

で[五十音]

」の濁音。歯茎の有声破裂子音[d]と母音[e]とからなる音節。[de]

で[接]

[接]
前の話を受けて、次の話を引き出す。それで。「、今どこにいますか」「、どうしました」
そういうわけで。それで。「探したが見つからない。、新しいのを買った」

で[助動]

[助動]《断定の助動詞「だ」の連用形》⇒[助動]

で[格助・接助]

[格助]《格助詞「にて」の音変化》名詞、名詞的な語に付く。
動作・作用の行われる場所・場面を表す。「家勉強する」「委員会可決する」「試験合格点を取る」
「やまきの館(たち)―夜討ちに討ち候ひぬ」〈平家・五〉
動作・作用の行われる時を表す。「二〇歳結婚する」
「十三―元服仕り候ふまでは」〈平家・七〉
動作・作用を行う主体となる組織・団体を表す。「政府側検討中だ」「気象庁光化学スモッグ警報を発令した」
期限・限度・基準を表す。「一日仕上げる」「五つ二〇〇円」
「三百騎ばかり―喚(をめ)いて駆く」〈平家・七〉
動作・作用の行われる状態を表す。「みんな研究する」「笑顔あいさつする」
「盗人なる心―、否(え)、主、かく口きよくな言ひそ」〈今昔・二八・三一〉
動作・作用の手段・方法・材料などを表す。…を使って。「電話連絡する」「テレビ知ったニュース」「紙作った飛行機」
「この御馬―宇治河のまっさき渡し候ふべし」〈平家・九〉
動作・作用の原因・理由を表す。「受験勉強暇がない」「君のおかげ助かった」
「その御心―こそかかる御目にもあはせ給へ」〈平家・二〉
[接助]7から。近世語》活用語の終止形に付く。原因・理由を表す。
「おれが居て、あちこちから算段してやる―通られるが」〈滑・浮世床・初〉

で[接助・終助]

《助詞「て」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形の音便形に付く場合の形》
[接助][接助]」に同じ。「泳い渡る」「飛ん火に入る夏の虫」
[終助][終助]」に同じ。「もっとよく噛(か)ん」「きちんとたたんね」

で[接助]

[接助]活用語の未然形に付く。上の事柄を打ち消して下に続ける。…ないで。…ずに。→いで
「無期(むご)にえ渡ら―、つくづくと見るに」〈更級
[補説]打消しの助動詞の古い連用形「に」に接続動詞「て」の付いた「にて」の音変化とも、打消しの助動詞「ず」の連用形「ず」に接続助詞「て」の付いた「ずて」の音変化ともいう。中古以降用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「て」の濁音の仮名。歯茎破裂音の有声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。

( 接続 )
(主として話し言葉で使う)
前の事柄を受けて次の事柄を言い始めるのに用いる。それで。そこで。 「 -、とうとう負けました」
相手の話を促すとき使う。それから。 「 -、どうした」

( 助動 )
断定の助動詞「だ」の連用形。連用中止法に用い、また、「ある」「ない」「あります」「ございます」などに続けて用いる。 〔古語の断定の助動詞「なり」の連用形「に」に助詞「て」の付いた「にて」の転。中古末から中世へかけての成立〕 → だ(助動)

〔格助詞「に」に「て」の付いた「にて」の転。中古末から中世以降の語〕
( 格助 )
動作・作用の行われる場所を表す。
「デパート-買い物をする」 「日本-初めての実験」
「…でも、…でも」の形で、場所を列挙する。 「日本-も、アメリカ-も、青少年問題には悩んでいる」
動作・作用が行われる時を表す。
動作が行われる時期を表す。「では」「でも」の形をとることが多い。 「現在-は、簡単に解決する問題だ」
動作・作用の期限・限度を表す。 「新幹線は一時間-二百キロも走る」 「一〇分間-答えてください」
動作・作用を行う時の事情・状況を表す。 「はらぺこ-帰ってくる」 「挨拶のつもり-声をかけたのだ」
手段・方法、または道具・材料を表す。 「ペン-書く」 「汽車-行く」 「木と紙-できている日本の家」
原因・理由・動機を表す。 「火事-一文なしになる」 「撃たれた傷-死ぬ」 「老師の一言-さとる」
動作・状態の主体を表す。 「委員会-作成した原案」 「そっち-ほれても、こっち-いやだ」
( 接助 )
の用法から転じたもの〕 原因・理由を表す。近世での用法。 「嬶達が先へ来て七十の賀を祝うてくれた-、今日の祝ひはさらりと仕舞うた/浄瑠璃・菅原」 「馬鹿にされる-面白いのだが、馬鹿にされると気がついちやあもうおしまひだ/滑稽本・浮世床 」 〔 (1) 格助詞「で」は、近世以前でも、意味・用法は、現代語とほとんど変わらない。 (2) 接続助詞「で」が用いられるのは近世江戸語までで、現代語では、これに代わって、「ので」が用いられる〕

( 接助 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の古い連用形「に」に接続助詞「て」の付いた「にて」の転という。中古以降の語〕
動詞および動詞型活用の助動詞の未然形に接続する。打ち消しの意を表し、下に続ける。…ないで。…ずに。 「待てといふに散ら-しとまるものならばなにを桜に思ひまさまし/古今 春下」 「おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何ともおぼしたら-、雀慕ひ給ふほどよ/源氏 若紫」 〔語源については「ずて」その他の説もある〕

( 接助 )
( 終助 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

での関連情報