コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そね ソネ

デジタル大辞泉の解説

そ‐ね

[連語]《終助詞「そ」+終助詞「ね」。上代語》「な…そね」の形で用いられる。…(し)てくれるなよ。
「今替る新防人(にひさきもり)が舟出する海原(うなはら)の上に波な咲き―」〈・四三三五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そね

( 連語 )
禁止の意の終助詞「そ」に、あつらえのぞむ意の終助詞「ね」の付いたもの。つねに副詞「な」を上に伴って、「な…そね」の形で用いられる。…ないでほしい。 「住吉の出見の浜の柴な刈り-/万葉集 1274

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

そねの関連キーワード高知県南国市大そね乙高知県南国市大そね甲高知県高知市高そね嵐吉三郎(7代)付かふ・着かふお初・徳兵衛在りつつも熊野の本地回り・廻り銭瓶塚古墳ワレ塚古墳中山金蔵平原遺跡狐塚古墳曾根崎出見浜天在る犬四手終助詞曽丹集

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そねの関連情報