コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞっき屋 ゾッキヤ

デジタル大辞泉の解説

ぞっき‐や【ぞっき屋】

ぞっき本を売る店。
[補説]「ぞっき2」の意からとも、「そぎや(殺屋)」の音変化とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞっきや【ぞっき屋】

ぞっき本などの見切り品を売る店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のぞっき屋の言及

【ぞっき本】より

…新本だが正規の定価よりも安く売られる特価本の異称で,見切本,数物(かずもの),擦れ本(すれぼん)などとも呼ばれる。ぞっき本という異称が生まれたのは,一説にはぞっき本を扱う〈ぞっき屋〉が元は〈そぎや〉と呼ばれていたためであるという。〈そぎや〉とは皮などをはいで仕分ける〈殺屋〉あるいは〈削屋〉の意で,このことから見切品の値をそいで仕入れるという意味が生じ,ぞっき本という言葉が生まれた。…

※「ぞっき屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ぞっき屋の関連キーワード見切り品補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android