コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一手 イッテ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐て【一手】

碁で石を一つ打つこと。将棋で駒を一つ動かすこと。「次の一手
その方法だけで押し通すこと。一つだけの方法・手段。「押しの一手」「泣きの一手
自分一人だけで扱うこと。独占すること。「苦情を一手にさばく」「仕入れを一手に引き受ける」

ひと‐て【一手】

他人に分担させずにひとりですること。独占すること。いって。「仕事を一手に引き受ける」
碁・将棋などでの一勝負。いって。「一手お手合わせを願います」
舞・音曲などの一曲・一番。「舞の一手」「一手御披露する」
一隊。一組。「一手は東から攻める」
弓道で、内向(うちむき)の矢と外向(とむき)の矢との2本。矢の一対。一手矢。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いって【一手】

碁・将棋の一回の差し手。ひとて。 「 -違い」
ただ一つの方法・手段。 「押しの-」
[3] すべてを一人で扱うこと。独占して行うこと。ひとて。 「質問を-に引き受ける」

ひとて【一手】

一人だけですること。独占。いって。 「 -に引き受ける」
一回のわざ。
碁・将棋などで、一回の勝負。いって。 「 -お願いします」
舞や音曲などの一曲・一番。 「 -舞う」
一方の手。かたて。 ⇔ もろて 「 -には木綿取り持ち/万葉集 443
一組。一隊。 「七千余騎を-になして/太平記 14
弓道で、甲矢はやと乙矢おとやの一組。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一手の言及

【弓道】より

…鏃は古くは石,骨,銅製のものもあったが,多くは鉄製であり,その形状は使用目的によって多様である。なお,矢は2本(甲矢(はや),乙矢(おとや))を一手(ひとて)と呼び,4本を単位として使用することが一般的である。弽(ゆがけ)は弓を射る場合に右手にはめる手袋様のもので,鹿革で作られ,射の目的によって形や構造が相違する。…

※「一手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

一手の関連キーワード鳥栖市学校給食センター手桎・手械・手梏・手枷住宅金融債権管理機構ジェラール クラン藤浪与兵衛(初代)買い占め・買占めアラクチェーエフカストディアン立直が掛かるサドラザム霞が関文化如意輪観音連碁・聯碁なめんだら瑠璃観音売り捌く買占める一手透き一手販売引受ける

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一手の関連情報