コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一手 イッテ

4件 の用語解説(一手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっ‐て【一手】

碁で石を一つ打つこと。将棋で駒を一つ動かすこと。「次の一手
その方法だけで押し通すこと。一つだけの方法・手段。「押しの一手」「泣きの一手
自分一人だけで扱うこと。独占すること。「苦情を一手にさばく」「仕入れを一手に引き受ける」

ひと‐て【一手】

他人に分担させずにひとりですること。独占すること。いって。「仕事を一手に引き受ける」
碁・将棋などでの一勝負。いって。「一手お手合わせを願います」
舞・音曲などの一曲・一番。「舞の一手」「一手御披露する」
一隊。一組。「一手は東から攻める」
弓道で、内向(うちむき)の矢と外向(とむき)の矢との2本。矢の一対。一手矢。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いって【一手】

碁・将棋の一回の差し手。ひとて。 「 -違い」
ただ一つの方法・手段。 「押しの-」
[3] すべてを一人で扱うこと。独占して行うこと。ひとて。 「質問を-に引き受ける」

ひとて【一手】

一人だけですること。独占。いって。 「 -に引き受ける」
一回のわざ。
碁・将棋などで、一回の勝負。いって。 「 -お願いします」
舞や音曲などの一曲・一番。 「 -舞う」
一方の手。かたて。 ↔ もろて 「 -には木綿取り持ち/万葉集 443
一組。一隊。 「七千余騎を-になして/太平記 14
弓道で、甲矢はやと乙矢おとやの一組。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一手の言及

【弓道】より

…鏃は古くは石,骨,銅製のものもあったが,多くは鉄製であり,その形状は使用目的によって多様である。なお,矢は2本(甲矢(はや),乙矢(おとや))を一手(ひとて)と呼び,4本を単位として使用することが一般的である。弽(ゆがけ)は弓を射る場合に右手にはめる手袋様のもので,鹿革で作られ,射の目的によって形や構造が相違する。…

※「一手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一手の関連キーワード足蹴独演会独善人手に掛ける独り居独り言独り自慢独り住いひとりでにひとりで歩く女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一手の関連情報