ぞろ目(読み)ゾロメ

デジタル大辞泉の解説

ぞろ‐め【ぞろ目】

二つのさいころを振って、同じ目が出ること。
連勝式の競馬・競輪などで同じ枠内の馬や選手が、1着・2着になること。
すべての(けた)のが同じであること。また、年・月・日などのすべての桁の値がそろっていること。「22年2月22日」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞろめ【ぞろ目】

二個のさいころを振ったとき、同じ目が出ること。
競馬などの連勝式投票法で、一、二着に同じ枠の馬がくること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞろ‐め【ぞろ目】

〘名〙 二つの采(さい)を振った時、そろって同じ目(数)が出ること。転じて、競馬などの連勝式投票券で、同じ枠のもの同士を組み合わせた連勝番号をいう。
ぽんこつ(1959‐60)〈阿川弘之〉秋深し「さいころを振る音、『一六の七。ゾロ目だ。さあ張り切らなくちゃ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞろ目の関連情報