コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たそや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

たそや

?-? 江戸時代の遊女。
京都から江戸吉原の西田屋甚右衛門のもとにうつり人気があったが,ある夜帰宅の途中殺された。これより用心のため町中に行灯(あんどん)をともすようになり,これをたそや行灯と称した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

たそやの関連キーワード誰そや行灯・誰哉行灯・誰そや行燈・誰哉行燈誰哉行灯誑誑

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android