コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あんどん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あんどん

行灯とも書く。あんどうともいう。油皿を置く台の周囲に立方形または円筒形の枠をつくり,これに紙を張り,風のために火がゆらがないようにした灯火器の一種。油皿には各種の油を入れ,灯心を用いて火をともす。江戸時代には広く用いられた。居室の照明に用いる座敷あんどんのほか,店先に広告を兼ねて置く店先あんどんなど種類が多い。明治時代に入って石油ランプが普及するまで,灯火器の主流をなしていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

あんどんの関連キーワード釣り行灯・吊り行灯・釣行灯・釣り行燈・吊り行燈・釣行燈掛け行灯・掛行灯・掛け行燈・掛行燈灯心・灯芯・燈心・燈芯遠州行灯・遠州行燈額行灯・額行燈丸行灯・丸行燈門行灯・門行燈角行灯・角行燈地口あんどん名古屋行灯行灯・行燈崇神天皇陵紙灯・紙燈襠無し袴こてこて四角行灯馬乗り袴嫁が君たそや割看板

あんどんの関連情報