コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょうこくぐ座(彫刻具座) ちょうこくぐざCaelum

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこくぐざ【ちょうこくぐ座(彫刻具座) Caelum】

略号Cal。冬空のオリオン座の南西の地平線近くに見える南天の小星座。18世紀にフランスの天文学者N.ラカイユが新設した。caelumは彫刻につかうのみ,たがねを意味するラテン語。輝星はない。概略位置は赤経4h50m,赤緯-38゜。午後8時の南中は1月下旬である。【石田 五郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ちょうこくぐ座(彫刻具座)の関連キーワードカロリーカロリートムソンの法則比熱カロリー比熱電力取引市場電力取引所vCard/vCalキロカロリー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android