オリオン座(読み)オリオンざ(英語表記)Orion

  • オリオン座 Orion

翻訳|Orion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

2月上旬のに南中する天の赤道上の星座。概略位置は赤経 5時20分,赤緯 3°。オリオンギリシア神話猟師の名。明るい星が多く,赤色α星ベテルギウス白色のβ星リゲルはともに全天最輝星で,これとγ星ベラトリックスおよびκ星でみごとな四辺形をつくり,その中央にオリオンの帯にあたる三つ星が並ぶ。三つ星はほぼ天の赤道上にある。三つ星の南,オリオンの剣にあたる部分は,肉眼でも見えるオリオン大星雲(M42,NGC1976)を含む。オリオン大星雲の中心にあるθ1星は生まれたばかりの非常に若い高温の四重星でトラペジウム(不等辺四辺形)と呼ばれ,この星雲を発光させている。さらにこの星雲中には多くのおうし座T型不規則変光星が含まれている。星雲までの距離は約 1500光年で,電波赤外線でも観測されている。ほかに,三つ星の左端近くに馬頭暗黒星雲(→馬頭星雲)がある。写真観測から,オリオン座全体がかすかな星雲で包まれていることがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

南天の大星座。2月上旬の午後8時ごろ南中する。三つ星とそれを取り囲む四辺形からなり、α(アルファ)星は赤いベテルギウスで光度0.4等、β(ベータ)星は青白いリゲルで0.1等。オリオン星雲馬頭星雲などがあり、若い世代の星が多い。名称はギリシャ神話のオリオンにちなむ。学名〈ラテン〉Orion

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

略号Ori。冬空の大星座。オリオンの腰帯にあたる三つ星を中心にベテルギウスリゲルベラトリックスなどの輝星が取り巻く。ギリシア神話では美男子の狩人オリオンで,神の放った大サソリにさされて死んだともいう。このためオリオン座とさそり座とは仲が悪く,天球の反対の位置にあり,同時には空に現れないという。この星座で有名なのは,三つ星の南にあるオリオン星雲である。これは巨大なガス塊が鳥のを広げたような形で輝いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬の宵、南の中天高くかかるもっとも明るく形の整った星座。オリオンはギリシア神話に登場する巨人狩人(かりゅうど)の名前で、その姿は赤い1等星ベテルギウスと白い1等星リゲル、それにオリオンの帯を表す斜め一列に並んだ三つ星など、5個以上の明るい2等星で形づくられている。三つ星のすぐ南に縦一列に並ぶのが小三つ星で、その中央に肉眼でぼんやり見えるのが、散光星雲として有名なオリオン座大星雲M42である。小望遠鏡でのぞくとトラペジウムとよばれる四重星を中心に、ピンク色を帯びたガス星雲が鳥の翼のような形に広がっている。小型カメラで長時間露出すると、このほかζ(ゼータ)星に近い馬頭星雲や星座の東半分を包むバーナードループなどの淡い星雲を写すことができる。二重星としては、リゲルが角度にして約9秒離れた所に7等星を連れているのが、口径6センチメートル程度の小望遠鏡でもわかる。

[藤井 旭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

冬の代表的な星座。日本から見て南天の星座。牡牛座の南東にあってプレアデスを追う形となり、ギリシア神話の巨人の狩人オリオンに見たてられる。アルファ星は赤色のベテルギウス。俗にいう三つ星、ガス星雲などを含む。オリオン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android