コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちんこ芝居 チンコシバイ

デジタル大辞泉の解説

ちんこ‐しばい〔‐しばゐ〕【ちんこ芝居】

十代前半ぐらいの子供たちで演じる芝居。大坂竹田芝居前芸に行われたのが起源という。天明(1781~1789)ごろから首振り芝居を演じ、大正ごろまで行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんこしばい【ちんこ芝居】

主に江戸時代に興行された子供芝居。首振り芝居。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のちんこ芝居の言及

【子供歌舞伎】より

…からくり人形の竹田芝居が,からくりの前芸または間狂言として江戸中期に始めたもので大坂で流行した。ちんこ芝居,首振り芝居,身振り狂言などともいい,多くは浄瑠璃につれて無言で身振りや表情をみせた。人形芝居の形式を歌舞伎が継承し,明治中期に初世中村吉右衛門,初世中村又五郎らを中心とした子供芝居が流行,これは役者養成の役割も果たした。…

※「ちんこ芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ちんこ芝居の関連キーワード子供歌舞伎江戸時代首振芝居子供芝居児童劇ちんこ