コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首振り芝居 クビフリシバイ

1件 の用語解説(首振り芝居の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くびふり‐しばい〔‐しばゐ〕【首振り芝居】

京坂で起こった歌舞伎の一様式。義太夫狂言を、せりふを言わず、浄瑠璃に合わせて身振りだけで演じるもの。天明(1781~1789)ごろから明治期まで、主にちんこ芝居で行われた。身振り狂言

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の首振り芝居の言及

【子供歌舞伎】より

…からくり人形の竹田芝居が,からくりの前芸または間狂言として江戸中期に始めたもので大坂で流行した。ちんこ芝居,首振り芝居,身振り狂言などともいい,多くは浄瑠璃につれて無言で身振りや表情をみせた。人形芝居の形式を歌舞伎が継承し,明治中期に初世中村吉右衛門,初世中村又五郎らを中心とした子供芝居が流行,これは役者養成の役割も果たした。…

※「首振り芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

首振り芝居の関連キーワード女歌舞伎義太夫猿若丸本歌舞伎操り狂言上方狂言義太夫狂言浄瑠璃狂言竹本人形振り