コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てえ テエ

デジタル大辞泉の解説

てえ

[連語]と言う」の音変化。くだけた言い方。「ってえ」の形でも用いられる。「なんてえやつだ」「するってえと」

てえ〔てへ〕

[連語]「と言う」の已然・命令形「と言え」の音変化。→ちょう[連語]
「我のみや子持たる―ば高砂の尾の上(へ)に立てる松も子持たり」〈拾遺・雑賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てえ

( 連語 )
〔「と言う」の転。話し言葉でのくだけた言い方。「ってえ」の形でも用いられる〕
…という。 「だれに聞かれたって構やしません-ような風情だった」 「あいつっ-男はなんというやつだ」

てえ

( 連語 )
〔「と言ふ」の已然形・命令形に相当する「と言へ」の転。中古の和歌にのみ見られる語〕
…という。…といいなさい。 「今さらにとふべき人もおもほえず八重むぐらして門かどさせり-/古今 雑下」 「昔より名高き宿の言の葉は木の下もとにこそ落ち積る-/拾遺 雑秋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てえの関連キーワード古今亭志ん生(5代)静岡県賀茂郡松崎町伊豆の長八美術館大分県杵築市被爆アオギリ岩井志麻子松崎(町)ちゃんころ加害者請求善太・三平懸想文売り天之葺根神浮かれ烏条件反応提灯鮟鱇話し言葉てへれば石川豊信暴れ食ひしっくい

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てえの関連情報