と言う(読み)という

精選版 日本国語大辞典「と言う」の解説

と 言(い)

(「言う」は動詞「いう(言)」の連体形)
① 人がそう呼ぶ。世間で…と言われる。
万葉(8C後)五・八九七「重き馬荷に 表荷(うはに)打つ等(ト) 伊布(イフ)ことの如 老いにてある わが身の上に 病をと 加へてあれば」
※竹取(9C末‐10C初)「いまはむかし、たけとりのといふもの有けり」
② 「と」の受ける事柄を特にとりたてるを表わす。
古今(905‐914)春上・四九「ことしより春しりそむる桜花ちるといふ事はならはざらなん〈紀貫之〉」
※土左(935頃)発端「をとこもすなる日記といふものを、女もしてみんとてするなり」
③ 数量を示す語について、…に相当するなどの意を表わす。
※竹取(9C末‐10C初)「海にただよひて、五百日と云たつの時ばかりに」
蜻蛉(974頃)中「西の宮は、ながされたまひて三日といふに、かきはらひ焼けにしかば」
④ 多くの数量を表わす語を受けて、数量が非常に多いことを表わす。
平家(13C前)一一「いく千万といふ数をしらず」
⑤ 「と」の受ける事柄に似ている、そういう有様であるの意を表わす。
※洒落本・売花新駅(1777)「この子は丁子やの千山といふ目つきがあるじゃアねへか」
⑥ 「今」「今日」「今夜」などの間にはさんで、それを強調する。
※浮世草子・新色五巻書(1698)五「今と云ふ今おもひあたりぬ」
⑦ 同じ二つの名詞の間にはさんで、そういわれる物すべての意を表わす。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)下「夢と云夢の醒ぬ事はないぞ」
同格を表わす。「お前という男は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「と言う」の解説

と‐いう〔‐いふ〕【と言う】

[連語]
人が…と呼ぶ。…と呼ばれる。「のっぽさんと言うあだ名」「大国主命おおくにぬしのみことと言う神」
「と」の受ける事柄を取り立てて強調する意を表す。「人と言うのはわからないものだ」
数量を表す語に付いて、…に達する、…にも及ぶ、などの意を表す。「八千メートルと言う高所」「何万人と言う観光客」
時を表す同じ語を前後に置いて、それを強調する意を表す。「今日と言う今日は逃さない」
事物を表す同じ語を前後に置いて、そのものはすべて、の意を表す。「と言う店は閉まっている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android