コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てからに テカラニ

デジタル大辞泉の解説

てから‐に

[連語]《「に」は接続助詞。近世以降の語》倒置法または言いさした形で文末に用いられ、不満・不快の意を込める。…たりして。
「年寄りの癖に出しゃばっ―」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てからに

( 連語 )
〔連語の「てから」にさらに接続助詞「に」の付いたもの。近世以降の語〕
動詞の連用形に付いて、全体で一つの接続助詞のように用いられる。多く倒置または言いさしの文の文末に用いて、「…て」「…たりして」の意を表す。 「ほんにかえ。憎らしい、人にやあ泣かせ-/洒落本・世説新語茶」 「これ〱やかましい。ちつとだまるが能いいはな。年老としよりのくせに出しやばつ-/滑稽本・浮世風呂 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

てからにの関連キーワード母乳の出をよくする乳房の手入れ今日考えて明日語れ産褥期の送り方アフリカ映画シザンサス甲府(市)にらめっこ向こう様接続助詞義経伝説明けるテーベ仮渡金円教寺ねべし天童寺根腐れ弁当から耡う

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android