てこねる

大辞林 第三版の解説

てこねる

( 動下一 )
〔近世上方語〕
「死ぬ」をののしっていう語。くたばる。 「嚊かかのそげめは-・ねてしまふ/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

てこ・ねる

[動ナ下一]死ぬことをののしっていう語。くたばる。
「こなたのお内儀様は、と尋ねけるに…、それは―・ねたと言はれける」〈浮・五人女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てこ・ねる

〘自ナ下一〙 死ぬことをののしっていう語。くたばる。ごねる。
浮世草子・好色五人女(1686)三「『いやこなたのお内儀様は』と尋けるに、〈略〉旦那にがい㒵して『それはてこねた』といはれける」
※団団珍聞‐二二五号(1881)「余り投書(かほ)を見せないから何(いつ)の間にか死去(テコ)ねてでも仕舞(しまっ)たかと思ふてゐたのサ」
[補注]「ね(寝)る」に擬態語的な「てこ」をつけて「死ぬ」意を表わしたとも考えられるが、詳細は不明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android