コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団団珍聞 まるまるちんぶん

4件 の用語解説(団団珍聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団団珍聞
まるまるちんぶん

1877年3月野村文夫が創刊主宰した政治風刺雑誌。イギリスの漫画雑誌『パンチ』に範をとった週刊誌で,政治漫画と戯文で明治藩閥政府を風刺し,自由民権思想の鼓吹に努めたが,しばしば発売禁止や発行停止の弾圧を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

団団珍聞【まるまるちんぶん】

1877年野村文夫が創刊した週刊風刺雑誌。〈まるちん〉と呼ばれた。風刺と戯画で政府を批判,きわめて高い人気を得た。しばしば筆禍をこうむりながら,自由民権運動を背景に,改進党系の論調を貫いた。
→関連項目七偏人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

まるまるちんぶん【団団珍聞】

明治時代、野村文夫によって創刊された時局風刺雑誌。1877年(明治10)から1907年まで発行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

団団珍聞
まるまるちんぶん

明治時代、東京で発行された時局風刺週刊誌。1877年(明治10)3月14日、野村文夫(ふみお)が創刊したもので毎週土曜日発行。自由民権運動の潮流にのって、戯画、戯文で藩閥政府を攻撃した。社説にかわる「茶説」を巻頭に、於東京絵(おどけえ)、珍報、雑録、狂歌、狂句、都々逸(どどいつ)、川柳(せんりゅう)などで政治、社会、権力者を批判、読者の人気を集めた。1907年(明治40)7月27日付け第1654号まで発行が確認されている。[春原昭彦]
『北根豊監修、山口順子解説『團團珍聞』第一期~第四期(1981~85・本邦書籍)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団団珍聞の関連キーワード上村占魚野村泊月早川幾忠西口佐太郎野村岡部文夫中村文夫野村文夫室積波那女団々珍聞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団団珍聞の関連情報