団団珍聞(読み)まるまるちんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団団珍聞
まるまるちんぶん

1877年3月野村文夫創刊主宰した政治風刺雑誌。イギリスの漫画雑誌『パンチ』に範をとった週刊誌で,政治漫画戯文で明治藩閥政府を風刺し,自由民権思想鼓吹に努めたが,しばしば発売禁止や発行停止の弾圧を受けた。一時幸徳秋水が「いろは庵」の筆名で執筆していたことでも著名である。 1907年 1654号で廃刊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

団団珍聞【まるまるちんぶん】

1877年野村文夫が創刊した週刊風刺雑誌。〈まるちん〉と呼ばれた。風刺と戯画で政府を批判,きわめて高い人気を得た。しばしば筆禍をこうむりながら,自由民権運動を背景に,改進党系の論調を貫いた。執筆・編集には,梅亭金鵞(ばいていきんが),田島任天,また山田美妙福地桜痴らがかかわり,幸徳秋水も〈いろは庵〉の名で執筆。風刺漫画(〈狂画〉)を本多錦吉郎,小林清親田口米作らが担当。終刊年は1907年ごろか。
→関連項目七偏人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まるまるちんぶん【団団珍聞】

明治時代、野村文夫によって創刊された時局風刺雑誌。1877年(明治10)から1907年まで発行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

団団珍聞
まるまるちんぶん

明治時代、東京で発行された時局風刺週刊誌。1877年(明治10)3月14日、野村文夫(ふみお)が創刊したもので毎週土曜日発行。自由民権運動の潮流にのって、戯画、戯文で藩閥政府を攻撃した。社説にかわる「茶説」を巻頭に、於東京絵(おどけえ)、珍報、雑録、狂歌、狂句、都々逸(どどいつ)、川柳(せんりゅう)などで政治、社会、権力者を批判、読者の人気を集めた。1907年(明治40)7月27日付け第1654号まで発行が確認されている。[春原昭彦]
『北根豊監修、山口順子解説『團團珍聞』第一期~第四期(1981~85・本邦書籍)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まるまるちんぶん【団団珍聞】

風刺雑誌。週刊。明治一〇年(一八七七)三月創刊。終刊は不明。同四〇年七月、第一六五四号までは確認されている。風刺文や狂詩・狂歌・狂句などによって政治・社会・風俗の機微をうがつ。民権思想を鼓吹し、政策や要人の非行を暴露したためしばしば筆禍を被った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android