コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投書 トウショ

デジタル大辞泉の解説

とう‐しょ【投書】

[名](スル)
意見・希望・苦情などの書状を関係機関などに送ること。また、その書状。「役所に投書する」
投稿」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうしょ【投書】

読者が自分の意見,感想などを手紙,はがきその他で新聞,雑誌などマス・メディアへき送ることをいう。身上相談や俳句・詩歌などは稿といわれ,投書と区別されることが多い。また電話による意見,感想の伝達は投書とはいわない。欧米では投書はきわめて盛んである。幅広い階層の人々がさまざまな問題について自己の所見を投書し,マス・メディア側でも積極的に掲載する。とくにクオリティ・ペーパー(高級紙)の投書欄は,その国の各界指導者層の討論の場で,議会制民主主義を補完する機能をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうしょ【投書】

( 名 ) スル
意見・批判・苦情・希望などを書いて関係機関に送ること。また、その文書。 「新聞に-する」
投稿 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

投書
とうしょ

政治の動きや社会的事件について読者が自分の意見、感想、希望苦情を述べたり、社会の不合理な仕組みについての疑問をただしたりする文書を、新聞、雑誌などマス・メディアへ送ること。またはその文書。古代中国で他人を誹謗(ひぼう)する文書をその家へ投げ込んだことから、このことばがおこったともいう(時有投書誹謗者、太祖疾之、欲必知其主『三国志』「魏(ぎ)書国淵伝」)。俳句、短歌、創作などの原稿を送ることは投稿とよび、投書と区別している。わが国では新聞、雑誌が発達し始めた明治初期から知識人による投書が盛んに行われ、紙上で政治論争が活発に展開された。しかし、明治後期以後、新聞の企業化が進むにつれ投書欄はしだいに縮小、ことに1930~40年代のファシズムの台頭から戦時にかけ投書欄は影を潜めた。第二次世界大戦後、民主主義時代の到来とともに投書は復活し、マス・メディア側も投書欄の拡充に努めるようになった。投書は、マス・メディアの報道を一方的に受けるだけの現在の読者が、紙上でジャーナリズムに参加し、世論に訴えかけることのできる双方向コミュニケーションの手段であり、民主主義社会の重要な機能を担っている。したがって、投書が特定の投書家によって占められたり、メディア側の恣意(しい)によって選択、掲載されるようなときは、その社会的機能が十分に果たされないことになる。
 欧米では投書活動が活発で、幅広い階層の人々が、さまざまな問題について投書し、メディア側も投書を「編集者への手紙」とよんで歓迎するとともに、それらの意見、感想、希望を紙面改良の参考に役だてている。18世紀後半、イギリスの『パブリック・アドバタイザー』The Public Advertiserに掲載された「ジュニアス・レターズ」とよばれる匿名の投書は、当時の支配層を批判して有名となった。[高須正郎]
『影山三郎著『新聞投書論』(1968・現代ジャーナリズム出版会) ▽山本武利著『近代日本の新聞読者層』(1981・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

投書の関連キーワード文庫(文芸雑誌)荒田目村喜惣次小野 美智子ミーティング登坂 北嶺平敷屋朝敏真木 痴囊第五福竜丸三上於菟吉影山三郎文学革命穎才新誌山下幸内少年戦旗小牧健夫田口掬汀鐘匱の制加瀬皐月投書雑誌文章世界

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投書の関連情報