コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てね テネ

デジタル大辞泉の解説

て‐ね

[連語]《終助詞「て」+終助詞「ね」。上に付く語によっては「でね」とも》相手に親しみをこめて依頼・要求する気持ちを表す。てよ。「詳しく話してね」「やさしくしてね」「固く結んでね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てね

( 連語 )
〔接続助詞「て」に間投助詞「ね」の付いたもの。上に来る語によっては「でね」となる。女性や子供の話し言葉に用いられる〕
相手に対するやや甘えた依頼や希望を表す。てよ。 「もうすぐ起き-」 「はやく読んでね」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てねの関連キーワード泳ぐのに、安全でも適切でもありません仕掛け・仕懸け・仕掛・仕懸くりのきえんのおともだち頓痴気・頓癡気七美あずさHi高比来璃桜五月みどり鼻を鳴らす奥山 貞吉佐々木秀実はな 寛太枕を交わすえ段・エ段接続助詞柳澤純子葦の根の仲畑貴志無くなすいま寛大

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てねの関連情報