コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でごんす

大辞林 第三版の解説

でごんす

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に接続助詞「て」の付いた「にて」の転である「で」に、補助動詞「ごんす」の付いたもの。近世上方の遊里の女性語、のち男性にも用いられるようになった〕
「である」の意の丁寧語。…であります。…でございます。 「勤の身はな、全盛する程世間が張つてつらいもの-・す/浄瑠璃・大経師 」 「『おれを呼んだは我か』『あい、私-・す』/歌舞伎・助六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報