でんすけすいか

デジタル大辞泉プラスの解説

北海道上川郡当麻町で生産されるスイカ。黒皮の大玉スイカで、果肉は赤く、甘い。品種名は「タヒチ」。1984年に一村一品運動として栽培を開始。ブランドスイカとして贈答品としても人気がある。名称は、水田からの転作により「」を「助ける」果物であることと、昭和時代のコメディアン大宮敏光の舞台名「大宮デン助」に由来

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android