コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ところに トコロニ

デジタル大辞泉の解説

ところに[接]

[接]《接続助詞「ところに」から》
ちょうどその時に。そこで。
「国をかけ落ちしましてござんす。―源五兵衛にめぐりあひましてござんす」〈伎・幼稚子敵討〉
ところが。しかるに。
「拙者儀は旦那のお気に入り。―お前方のお祝ひの酒を食ひ過ごし、御勘気を請けて」〈伎・幼稚子敵討〉

ところに[接助]

[接助]
逆接の意を表す。…けれども。
「身に逢うたらば、悦ばう―、かへって手向ひするは何事ぞ」〈伎・なぐさみ曽我〉
順接の意や単純な接続を表す。
「イソポ風呂ニ行ッテミル―、ソノ風呂屋ノ前ニスルドナ石ガ一ツ出テアッタガ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ところに

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」に格助詞「に」の付いたものから。中世末期から近世へかけての語〕
活用語の連体形に接続する。
(順接条件を表す用法)前の事柄が起こった後、引き続き後の事柄が起こることを表す。 「オノオノコノ儀モットモト同心シテ選ブ-、孔雀サシデテ言ウワ/天草本伊曽保」
(逆接条件を表す用法)前の事柄が考えられるのに対して、予期に反する事柄が次に起こることを表す。 「身に逢うたらば悦ばう-、却つて手向ひするは何事ぞ/歌舞伎・なぐさみ曽我」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ところにの関連キーワードフォーカシングスクリーンシェルピンスキー曲線蟻の甘きにつくが如し長者の脛に味噌を塗る俎上の魚江海に移る平地に波瀾を起こすレッドカーペットフラトーの法則第二真富士山トロポポーズ移動動物園オフビート吊るし上げ防滴型器具撥革・撥皮回り回って最寄り駅接続助詞表在静脈重点主義

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ところにの関連情報