とっとの目(読み)トットノメ

大辞林 第三版の解説

とっとのめ【とっとの目】

子供の遊戯。右の人差し指で、左の手のひらのまんなかを突きながら唱える言葉。また、その遊戯。 「かいぐりかいぐり-、おつむてんてん」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とっと の 目(め)

(「鳥の目」の意) 幼児のしぐさ遊びの一種。「かいぐり、かいぐり、とっとのめ」と唱えながら、「かいぐり」で両手を糸をくるように輪にまわし、「とっとのめ」で、右の人差指で左のてのひらのまんなかをつく。かいぐり。ととの目
洒落本・卯地臭意(1783)「むほんで出かけたら、かたはしからトットノメ見るやうに、小ばなをそろへておれをせこめやあがるからな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android