コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とほん トホン

デジタル大辞泉の解説

とほん

[副]《「とぼん」とも》気ぬけしているさま。呆然(ぼうぜん)。ぼんやり。
「―として居た小女(こおんな)の喜野が立とうとする」〈鏡花歌行灯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とほん

( 副 )
〔「とぼん」とも〕
気ぬけしたさま。ぼんやり。ぼうぜん。 「房は一人-として/浄瑠璃・重井筒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とほんの関連キーワードアラスター グレイノーブランド商品ムラサキシキブシュウカイドウオトギリソウミヤコワスレレンゲソウカエンサイボダイジュラッカセイタガヤサンヒマワリギボウシキャベツ漢方医学元禄文化貝原益軒シロウリ柿の葉茶中京大学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とほんの関連情報