歌行灯(読み)ウタアンドン

世界大百科事典 第2版の解説

うたあんどん【歌行灯】

(1)泉鏡花の短編小説。1910年1月《新小説》に発表。能役者恩地喜多八は,謡自慢のあんま宗山をこらしめ憤死させたため,能の宗家で養父の恩地源三郎に勘当され,博多節の門付(かどづけ)となり放浪の生活を送る。3年後桑名の旅宿で源三郎と小鼓の名手雪叟が呼んだ芸妓三重は,宗山の娘お袖であり,座敷で三重の舞う《海人(士)(あま)》を教えたのは喜多八だった。雪叟の鼓と源三郎の謡にひきよせられた喜多八の,宿の軒かげで唱和する声が冬の夜にひびく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報