コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌行灯 ウタアンドン

世界大百科事典 第2版の解説

うたあんどん【歌行灯】

(1)泉鏡花の短編小説。1910年1月《新小説》に発表。能役者恩地喜多八は,謡自慢のあんま宗山をこらしめ憤死させたため,能の宗家で養父の恩地源三郎に勘当され,博多節の門付(かどづけ)となり放浪の生活を送る。3年後桑名の旅宿で源三郎と小鼓の名手雪叟が呼んだ芸妓三重は,宗山の娘お袖であり,座敷で三重の舞う《海人(士)(あま)》を教えたのは喜多八だった。雪叟の鼓と源三郎の謡にひきよせられた喜多八の,宿の軒かげで唱和する声が冬の夜にひびく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

歌行灯の関連キーワード前垂れ掛け・前垂掛け尋ねあぐむ・尋ね倦む片頬笑む・片頰笑む繰り回し・繰回し押っ伏せる垢離を取る西行背負い権高・見高肌薄・膚薄大事無い翁さびる娑婆っ気御座付きふっさり住替えるうねくる睨め回す掴み殺す入り代る折り屈み

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android