どう掏摸(読み)ドウズリ

デジタル大辞泉の解説

どう‐ずり【どう掏摸】

《「どう」は強意の接頭語》すり・盗人をののしっていう語。また、人をののしっていう語。
「女房子供の身の皮はぎ、その金でおやま狂ひ、いけ―め」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうずり【どう掏摸】

〔「どう」は接頭語〕
すりをののしっていう語。 「いや、こなやつも-ぢやあろ。二人ともにひつくくれ/滑稽本・膝栗毛 6
人をののしっていう語。 「そこな九平次の-め/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐ずり【どう掏摸】

〘名〙 (「どう」は接頭語) すり盗人をののしっていう語。転じて、他人にも用いる。いけどうずり。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「そこな九平次のどうずりめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android