どら焼き(読み)どらやき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

どら焼き
どらやき

焼き菓子の一種。形が銅鑼(どら)(ゴングgong)に似ているのでこの名がある。鶏卵に砂糖を加えてよくかき混ぜ、小麦粉に膨張剤を加えたものをふるい込んで、水でどろどろに溶き、種汁をつくる。この種汁を平鍋(ひらなべ)に円型にたらし、焼き目がついたら裏返して小豆(あずき)のつぶし餡(あん)をのせ、別に用意した同形の焼き皮をかぶせる。この手法は江戸・日本橋大伝馬町の老舗(しにせ)梅花亭が明治年間に創案したが、梅花亭のものは青えんどうのつぶし餡を用いるのが特徴。ふっくらとした形状が奈良の三笠山(みかさやま)に見立てられ、いつしか三笠山がどら焼きの一般的な菓名となった。形状からどら焼き、三笠山といわれる今日のどら焼きに対し、江戸時代のどら焼きは銅鑼を焼き鍋に用いた菓子であった。江戸・麹町(こうじまち)の助惣(すけそう)を元祖とする当時のどら焼きは、小麦粉を薄く溶いて鉄板に丸く流し、餡を入れて皮を四角に畳んだもので、皮は薄く形状からいえば金鍔(きんつば)であった。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のどら焼きの言及

【和菓子】より

…その結果,練りようかん以外の流し物類をも〈かん(羹)〉と呼ぶようになったようである。(4)焼物 平なべ,オーブンなどを用いて焼くもので,南蛮菓子系統のカステラやボーロのほか,きんつば,どら焼き,桃山(ももやま),茶通(ちやつう),唐(とう)まんじゅう,栗まんじゅう,調布(ちようふ)などがある。どら焼きは小麦粉に鶏卵,砂糖などを合わせてカステラ様の円形の厚い皮を焼き,その皮を2枚使ってあんをはさんだもので,三笠山と呼ぶこともある。…

※「どら焼き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どら焼きの関連情報