コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麹町 こうじまち

4件 の用語解説(麹町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麹町
こうじまち

東京都千代田区西部の地区。旧区名。町名としては半蔵門から四谷見附までの市街地。高級住宅地であったが,近年ビル街になりつつある。東京地下鉄有楽町線麹町駅がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうじまち〔かうぢまち〕【麹町】

東京都千代田区の地名。もと東京市の区名で、現在の千代田区の西半部を占めた。江戸時代武家屋敷の地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

麹町【こうじまち】

東京都千代田区の町名。古名は国府方(こうかた)。江戸時代初期より甲州街道沿いに半蔵門から四谷見付まで商店街をなしていた。現在は高級住宅地で,外国公館,会館などが多く,西端にイグナチオ教会がある。
→関連項目元禄の大火

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麹町
こうじまち

東京都千代田区西部、半蔵門(はんぞうもん)から四谷(よつや)に至る新宿通り(国道20号)を中心とする地区。旧麹町区(1878~1947)で千代田区の南西半部を占めた。現在は一部の地区名となっている。東京メトロ有楽町(ゆうらくちょう)線、同半蔵門線が通る。地名の由来は、武蔵(むさし)府中への国府路(こうじ)(国府方)、また麹屋があったこと、小路(こうじ)の多い町などの諸説がある。麹町台地(山手(やまのて)台地)にあり、江戸時代は甲州街道筋の町屋を除いて武家屋敷地であった。明治以後は旧麹町区は高級住宅地として発展し、現在も一番から六番町までの地区には広い屋敷地の住宅や大使館が多い。甲州街道筋の現麹町地区はビル街を形成し、金融、商業、事務、飲食業などに利用されている。西端に聖イグナチオ教会があり、中央に鉄道弘済(こうさい)会館、参議院議員宿舎、東端に半蔵門メディアセンター(旧東條会館)がある。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麹町の関連キーワード東京都千代田区一番町東京都千代田区九段南東京都千代田区皇居外苑東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区外神田東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区四番町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麹町の関連情報