コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なぐさみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なぐさみ

江戸時代の文学用語。近松門左衛門はその芸術論のなかで虚実の間になぐさみがあると述べている。江戸文芸では享受者を楽しませることが第一義とされ,その享受者の楽しみがなぐさみである。ことに江戸時代後期の戯曲,俳諧,戯作では,なぐさみを作者,享受者とも強く求め,滝沢馬琴もその旨を述べている。なぐさみを求めるところから,作品に接する態度に余興的なゆとりが生れ,江戸文芸の性格を形成することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

なぐさみの関連キーワード弄ぶ・玩ぶ・翫ぶ股掌の上に玩ぶ手てんがうなされます摘み食い吹き荒ぶ日本料理ところに気延ばし福田行誡慰み書き筆の荒び月花余情人嬲り慰み物文字絵旦那芸心遣り殿様芸弄り物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なぐさみの関連情報