芸術論(読み)げいじゅつろん

精選版 日本国語大辞典「芸術論」の解説

げいじゅつ‐ろん【芸術論】

〘名〙 芸術本質、機能、技法などに関する議論総称。発生、感覚、材料、形式、種類など広い問題分野を有し、古くから展開されてきた。
※詩の原理(1928)〈萩原朔太郎〉内容論「故に彼等はこの点から、芸術至上主義審美学に反対して、よりダイナミックの芸術論を主張する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android