ねじ切り(読み)ねじきり(英語表記)thread cutting; thread chasing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

各種の切削工具を用いてねじを削り出すこと。タップねじ切りダイスを用いて人手作業で削る場合と,旋盤や次のような専門機械で削る場合とに大別される。 (1) ねじ切り盤 1組のチェーザを固定してねじ切りをする機械。旋盤の 10倍以上の能率で加工できる。 (2) ねじ切り自動盤 タレット型自動盤が代表的なもの。自動操作によって素材から一貫加工でき,多量生産用。 (3) ねじフライス盤 切削機構は旋盤と同じであるが,多くので切削するので加工能率がよい。 (4) ねじ立て盤 タップを用いてめねじを切る機械。 (5) 旋回ねじ切り盤 工作物に対してわずかに偏心する超硬バイトを高速回転させ,ねじ切りする機械。長尺物に有利である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android