コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじ切り ねじきりthread cutting; thread chasing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ねじ切り
ねじきり
thread cutting; thread chasing

各種の切削工具を用いてねじを削り出すこと。タップねじ切りダイスを用いて人手作業で削る場合と,旋盤や次のような専門機械で削る場合とに大別される。 (1) ねじ切り盤 1組のチェーザを固定してねじ切りをする機械。旋盤の 10倍以上の能率で加工できる。 (2) ねじ切り自動盤 タレット型自動盤が代表的なもの。自動操作によって素材から一貫加工でき,多量生産用。 (3) ねじフライス盤 切削機構は旋盤と同じであるが,多くの刃で切削するので加工能率がよい。 (4) ねじ立て盤 タップを用いてめねじを切る機械。 (5) 旋回ねじ切り盤 工作物に対してわずかに偏心する超硬バイトを高速回転させ,ねじ切りする機械。長尺物に有利である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ねじ切りの関連キーワードトランスファーマシンダイス(金属加工)ホイットワースタレット旋盤合金工具鋼炭素工具鋼手仕上げダイス鋼工作機械木工機械工具旋盤不二越切削油ダイス親螺子旋削転造力餅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねじ切りの関連情報