コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏心 ヒトエゴコロ

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐ごころ〔ひとへ‐〕【偏心】

ひとすじに思いこむ。いちずな心。
手弱女(たをやめ)の今日脱ぎかふる衣手の―は我が身なりけり」〈新撰六帖・一〉

へん‐しん【偏心】

中心からかたよっていること。
心がかたよっていること。また、その心。〈書言字考節用集〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんしん【偏心】

本来の中心から見て、位置がずれていること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の偏心の言及

【木材】より

…色は針葉樹ではやや暗色に,広葉樹ではやや白っぽくなり,正常材と違って繊維方向に大きく収縮するので,製材すると大きな狂いの原因となる。曲り材,偏心材などに多く,針葉樹では生育時に圧縮力を受ける側,広葉樹ではその反対側にできる。(3)引抜け 立木が切り倒されるときに材の一部が根株についたまま引き抜かれてしまったもの。…

※「偏心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

偏心の関連キーワードシャイフ・ロトフォッラー・モスクジャイレトリクラッシャロータリーエンジンピストンエンジンバンケルエンジンジョークラッシャナッシュポンプローンボウルズプラネタリウムアストロラーベ自動車用機関カムシャフトベーンポンプ不等速比歯車振動ふるい長谷川逸子デルサルト早戻り機構回転ポンプ真空ポンプ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏心の関連情報