ねじ歯車(読み)ねじはぐるま(英語表記)crossed helical gear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ねじ歯車
ねじはぐるま
crossed helical gear

食違い軸の運動伝達に利用したときのはすば歯車の対をいう。単独に取出せばはすば歯車と変らない。この歯車では歯面が点接触をするので,滑りが大きく,摩耗しやすい。大きな動力の伝達には適さないが,歯車の寸法をさほど変えなくても,比較的大きな速度比が得られる特長をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のねじ歯車の言及

【歯車】より

…ウォームにはふつうは焼入れ鋼を用い,表面を研削して仕上げ,ウォームホイールにはリン青銅または鋳鉄などが用いられる。(6)ねじ歯車screw gear 二つのはすば歯車からなるが,軸が食い違った状態にあるところに用いられるものをいう(図6‐j)。製作が容易であること,ねじれ角,軸角,軸間距離,減速比を適当に選ぶことができるうえに,組立誤差があってもかみ合いを正確に保てるなどの利点をもっているので,実用的である。…

※「ねじ歯車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねじ歯車の関連情報