ねずみ大根

デジタル大辞泉プラスの解説

ねずみ大根

長野県埴科郡坂城町で生産されるダイコン。葉は切葉、形状はずんぐりとした下ぶくれで、根の先の細長い部分がねずみの尻尾のように見えることからこの名称がある。江戸時代に長崎から薬草として導入されたのが栽培の始まりとされる。選抜種は「からねずみ」の名で品種登録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android