尻尾(読み)しっぽ

精選版 日本国語大辞典「尻尾」の解説

しっ‐ぽ【尻尾】

〘名〙 (「しりお(尻)」の変化した語か)
① 獣などの尾。しりお。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「尻ッぽから先きへ書出すとりの絵馬
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉四「べらばうにしっぽの長へさるがゐるぜ」
② 魚の尾びれ
③ 細長いものの、はし
※黄表紙・長生見度記(1783)「顔見せ切落しを陳皮買あるく。尻尾をつけて投げるなどは、とんとない事」
④ 順位の末のほう。後方。
の下(1928)〈嘉村礒多〉「彼は独りちょこちょこと列の尻っぽに小走り乍ら跟いて行く」
隠し事、ごまかしなどが表面に現われるいとぐち。ぼろ
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論追加「其糟を餔(くら)ひ其銭をせしめんと思ひ付きしを早くも卯雲木室君に尻尾(しっポ)を見出され」
[補注]一般に「しりお(尻尾)」の変化した語と考えられているが、「しりほ」の変化とも考えられる。その場合、「ほ」は「稲穂」の「ほ」、「ほに出る」の「ほ」で、突出したものの意であろう。

しり‐お ‥を【尻尾】

〘名〙 獣(けもの)などの尻にはえた尾。しっぽ。尾。
俳諧・焦尾琴(1701)頌「胸にたく尻尾の灸や浅間山〈午寂〉」
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉二「隣町の頭犬は、本意なく尻尾(シリヲ)を垂れて帰って仕舞ふたといふ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尻尾」の解説

しっ‐ぽ【尻尾】

《「しりお」の音変化》
動物の尾、また、魚の尾びれ。「犬が尻尾を振る」
尾に似たもの。また、細長いものの末端。「行列の尻尾に並ぶ」
隠していたことやごまかしが現れる端緒。
[類語]尾っぽ

しり‐お〔‐を〕【尻尾】

動物の尾。しっぽ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android