コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のせ猿草子 のせざるそうし

世界大百科事典 第2版の解説

のせざるそうし【のせ猿草子】

御伽草子。渋川版の一つ。異類物。丹波国〈のせ山〉の老猿〈ましおの権頭(ごんのかみ)〉の子〈こけ丸殿〉は,才智にたけ芸能に優れていたが,20歳になって父母から嫁とりをすすめられても思う子細ありと断り続ける。日吉参詣の帰途,北白河の辺で兎の壱岐守の一人姫が琴を弾く美しい姿を見初め,恋の病となる。こけ丸はなおも日吉に詣で肝胆を砕いて起請し,故郷へ帰りもせず,苔をにしてぼんやり夜を明かすところへ,狐の〈いなか殿〉が巡り合う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

のせ猿草子の関連キーワード御伽草子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android