コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のせ猿草子 のせざるそうし

1件 の用語解説(のせ猿草子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のせざるそうし【のせ猿草子】

御伽草子。渋川版の一つ。異類物。丹波国〈のせ山〉の老猿〈ましおの権頭(ごんのかみ)〉の子〈こけ丸殿〉は,才智にたけ芸能に優れていたが,20歳になって父母から嫁とりをすすめられても思う子細ありと断り続ける。日吉参詣の帰途,北白河の辺で兎の壱岐守の一人姫が琴を弾く美しい姿を見初め,恋の病となる。こけ丸はなおも日吉に詣で肝胆を砕いて起請し,故郷へ帰りもせず,苔を莚にしてぼんやり夜を明かすところへ,狐の〈いなか殿〉が巡り合う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

のせ猿草子の関連キーワード御伽草子仮名草子十二段草子鉢かづき福富草子文正草子あきみち異類仮名本『御伽草子』

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone