援用(読み)エンヨウ

  • えんよう ヱン‥
  • えんよう〔ヱン〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
自分の主張の助けとするため、他の意見・文献などを引用したり、事例を示したりすること。「海外の論文を援用する」
法律で、ある事実を自己の利益のために主張すること。時効用、証拠の援用、抗弁の援用など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自説の助けとして、他の文献・事例・慣例などを引いてきて使うこと。
※詩と現代生活について(1934)〈河上徹太郎〉「彼のレアリテを論ずるためにはその詩作は援用出来なかった」
② ある事実を持ち出して、自己の利益のために主張し、または相手の要求を拒むこと。時効の援用、証拠の援用、抗弁の援用などがある。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)一一〇条「口頭演述に換へて書類を援用することを許さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

援用の関連情報