帰途(読み)キト

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐と【帰途】

〘名〙 帰りみち。帰りしな。帰路。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)一・柏原山寺冬日雑題十六首「帰践来時路、一片紅林蘸遠川」 〔陸機‐贈従兄車騎詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰途の関連情報