コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のれん(暖簾)

1件 の用語解説(のれん(暖簾)の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

のれん(暖簾)

永年にわたって続いてきた経営によって培われてきた信用や名声のこと。商号や商標として、店頭の日除けの布、つまりのれんに書かれていたことから、経営上の信頼を示すものとして使われてきた。無形財産としての信用を守ることは、現代の経営者にとっても非常に重要なことである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のれん(暖簾)の関連キーワード木本息が長い永年所伝ゼネラルスタッフ敵対的矛盾其処となし建て続く因って来たる農業所得

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone