はやて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はやて
はやて / 早手

急に激しく吹き起こる。急風、陣風疾風、はやち、はやちかぜ、はやちのかぜ、ともいう。英語ではスコールsquallという。はやての通過を観察すると、風の急に強くなる地域が一線をなして広がっており、この線と直角をなす方向に移動してくるので、ある地点では、この早手線または陣風線とよばれる線が通過するときに、はやてが吹くことになる。早手線の進行速度は毎時40キロメートルくらいのことが多い。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はやての関連情報