一線(読み)イッセン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せん【一線】

1本の線。糸すじ状の1本。
戦いで敵と直接ぶつかる隊列。また仕事などで、最も活動する位置。第一線。「一線に配属される」「一線の記者」「一線から退く」
はっきりしたくぎり。けじめ。「公私の間に一線を引く」「最後の一線を越えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせん【一線】

一本の線。
はっきりした区切り。けじめ。 「 -を引く」 「最後の-を譲らない」
(戦いの)前線。また、活動・活躍の場。第一線。 「 -で指揮をとる」 「 -を退く」
[句項目] 一線を画する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐せん【一線】

〘名〙
① 一本の線。また、線状のもの一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔周必大‐廬山後録〕
② はっきりしたくぎり。区別。けじめ。また、限界。限度。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉九「吾事業に於ける主義は、自ら巧遅の一線を曳き初めたるに」
③ 戦場で敵と直接ぶつかる隊列。また、運動や仕事で、はなばなしい重要な位置。第一線。
※軍歌・橘中佐(1904)〈鍵谷徳三郎〉一「前進軍令たちまちに 下る三十四聯隊、橘大隊一線に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一線の関連情報