一線(読み)イッセン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せん【一線】

1本の線。糸すじ状の1本。
戦いで敵と直接ぶつかる隊列。また仕事などで、最も活動する位置。第一線。「一線に配属される」「一線の記者」「一線から退く」
はっきりしたくぎり。けじめ。「公私の間に一線を引く」「最後の一線を越えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせん【一線】

一本の線。
はっきりした区切り。けじめ。 「 -を引く」 「最後の-を譲らない」
(戦いの)前線。また、活動・活躍の場。第一線。 「 -で指揮をとる」 「 -を退く」
[句項目] 一線を画する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一線の関連情報