一線(読み)いっせん

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐せん【一線】

〘名〙
① 一本の線。また、線状のもの一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔周必大‐廬山後録〕
② はっきりしたくぎり。区別。けじめ。また、限界。限度。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉九「吾事業に於ける主義は、自ら巧遅の一線を曳き初めたるに」
③ 戦場で敵と直接ぶつかる隊列。また、運動や仕事で、はなばなしい重要な位置。第一線。
※軍歌・橘中佐(1904)〈鍵谷徳三郎〉一「前進軍令たちまちに 下る三十四聯隊、橘大隊一線に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せん【一線】

1本の線。糸すじ状の1本。
戦いで敵と直接ぶつかる隊列。また仕事などで、最も活動する位置。第一線。「一線に配属される」「一線の記者」「一線から退く」
はっきりしたくぎり。けじめ。「公私の間に一線を引く」「最後の一線を越えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android