コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一線 イッセン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せん【一線】

1本の線。糸すじ状の1本。
戦いで敵と直接ぶつかる隊列。また仕事などで、最も活動する位置。第一線。「一線に配属される」「一線の記者」「一線から退く」
はっきりしたくぎり。けじめ。「公私の間に一線を引く」「最後の一線を越えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせん【一線】

一本の線。
はっきりした区切り。けじめ。 「 -を引く」 「最後の-を譲らない」
(戦いの)前線。また、活動・活躍の場。第一線。 「 -で指揮をとる」 「 -を退く」
[句項目] 一線を画する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一線の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調/piano soloビクター・フランシス キャルバートンリー(・ジョン) ハーディングコンティンジェンシー理論エリック グラバットメトロポリタン大聖堂アルツィバーシェフF.デ ラ・ロックブラック・ムスリムファンクンロールストールポイント共和党[ドイツ]桂文治(1世)画する・劃するブレイディ構想C. ブーグレインカタ自由党キャルバートンレッドラインアーミッシュ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一線の関連情報