コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はんてん(半纏∥袢纏) はんてん

世界大百科事典 第2版の解説

はんてん【はんてん(半纏∥袢纏)】

衣服の上に着る半身衣。半天,絆纏などとも書く。通常広袖で,家で用いる略服と,男子の仕事着として用いるものとがある。前者は江戸時代以後,庶民の男女が家でふだん着の上にはおって着たもので,紬,縞物などで作り,黒の掛襟のかかったものもある。襟は羽織のように折り返らず,ひもも通常ついていない。これの一種に子どもを背負うときに用いるねんねこばんてん,丸形で綿の多く入った亀の子ばんてんなどがあり,実用着として機能的にできているものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報