コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝船 たからぶね

8件 の用語解説(宝船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝船
たからぶね

御宝 (おたから) ともいう。米俵や宝貨,七福神を乗せた帆かけ船の模型および絵。絵は正月2日の夜,初夢をみるために枕の下に敷く縁起物として使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たから‐ぶね【宝船】

縁起物の一。宝物・米俵・七福神などを乗せた船。また、それを描いた絵に「なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」という回文歌(かいぶんうた)を書き、正月2日の夜、枕の下に敷いて寝るとよい初夢を見るという。 新年》「―目出度さ限りなかりけり/虚子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宝船【たからぶね】

七福神,米俵,種々の宝物を積んだ船の絵。よい初夢を見るように枕の下に敷いて寝る。絵には〈なかきよのとおのねふりのみなめさめ,なみのりふねのおとのよきかな〉という回文の歌を記す。
→関連項目初夢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たからぶね【宝船】

山口の日本酒。酒名は、萩市を含む北浦地方は漁業が盛んな土地柄であることにちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成7、11、15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石日本晴仕込み水は地下150mから汲み上げる地下水。蔵元の「中村酒造」は明治38年(1905)創業。所在地は萩市大字椿東。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

宝船

山口県、中村酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たからぶね【宝船】

米俵,宝物,七福神が乗り,帆に宝と書いた船の絵で,縁起物とされた。江戸時代には,正月1日もしくは2日の夜に,枕の下に敷いて寝ると吉夢を見ることができると信じられ,お宝売と称して,〈お宝,お宝〉と叫びながらこれを売り歩く者があった。米俵,千両箱,扇子,松竹梅といっためでたい図柄が描かれ,〈なかきよのとおのねふりのみなめさめ なみのりふねのおとのよきかな〉という回文(かいぷん)(下から読んでも同じ文句)の歌が記されたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たからぶね【宝船】

縁起物の一。七福神が乗り込み、種々の宝物を積み込んだ帆掛け舟。また、その様子を描いた絵。「なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」という回文歌などが書いてあり、正月二日、その絵を枕の下に入れて寝るとよい夢を見、よいことが起こるという。 [季] 新年。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝船
たからぶね

正月の縁起物の一つ。帆掛け船に米俵や宝物を乗せ七福神が乗り込んだ絵に、「なかきよのとをのねふりのみなめさめなみのりふねのをとのよきかな」という回文(かいぶん)歌が書かれている。これを正月2日の夜、枕(まくら)の下に置いて寝ると吉夢をみるという。古くは除夜の晩とか元日とか、または節分の夜とかにされていたが、今日では正月2日とされている。江戸時代から明治時代にかけて、「お宝お宝」といってこの絵を売り歩く宝船売りがいた。本来宝船はいまと違って、宝物や七福神を乗せたものでなく、旧年来の災いを船に乗せて流すもので、そのあと節分に吉夢をみるのであった。七福神は大黒天、恵比須(えびす)、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁財天、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人、布袋和尚(ほていおしょう)とされているが、現代のように定められるまで、いろいろと異説があった。宝船の歌については、『和訓栞(わくんのしおり)』に、聖徳太子が秦河勝(はたのかわかつ)の悪夢を消し給(たも)う呪(まじな)い歌という説があるが心得がたいとある。宝船の絵については、『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』に『安斎(あんさい)随筆』などを引用して、古代にはなく室町時代からはみられたとある。船の帆に「獏(ばく)」という字を書くのは、中国でいう想像上の動物である獏が悪夢を食べるといわれているためである。いずれにしても、宝船よりも初夢を気にすることが古かったことは明白である。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宝船の言及

【縁起物】より

…多くは神社や寺院から授けられ,正月初詣に授与される破魔矢(はまや)は,悪魔をはらい幸運を射止めるものであり,起上り小法師達磨は,七転八起の故事から出世を約束される縁起物である。また正月2日の夜,社寺から授与された宝船の図を枕の下に入れて寝ると吉夢を見て,幸運を招来するという。この宝船にはよく近世の流行神(はやりがみ)の典型である七福神をのせているが,それは幸は海上の彼方からやってくるという海上他界の観念に基づくものである。…

【餅花】より

…もともとは粥柱や粥杖(かゆづえ)などに由来し,削掛けの技術の衰えとともにホダレ(穂垂),繭玉,稲の花などに分化発展したものといわれている。餅花の大きな枝にはいっしょに農具や小判,宝船などをかたどっただんごやミカンがつけられることもあり,石臼や米俵を台にして神棚をまつる部屋に立てられる。これとは別に小枝に数個のだんごや餅をつけて屋内外の神々に供えることもある。…

【ジャンク】より

…沙船の名が示すように,砂州,入江などの浅い沿海の運行に適し,安定性にも富み,また縦帆の操縦によって逆風に向かって斜行する操法をも可能にした。指南針の発明とともに遠洋航海を実現させた大型ジャンクを代表する〈宝船〉は,15世紀初め明代の鄭和(ていわ)の7次に及ぶ南洋航海のために建造されたものである。全長150m,舵軸の長さ11mで,12の帆からなる巨大な沙船の類型に属するものであった。…

※「宝船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宝船の関連キーワード業感縁起達磨市法界縁起縁起状縁起棚縁起直し縁起物真如縁起唯心縁起白河だるま

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝船の関連情報