ひび割れ角礫岩(読み)ひびわれかくれきがん(英語表記)crackle breccia

岩石学辞典「ひび割れ角礫岩」の解説

ひび割れ角礫岩

岩石の破片割れ目の面で分かれ,相対的な変位回転をほとんど受けていない角礫岩.米国アパラチア山脈の亜鉛鉱床で記載され,鉱床大きい陥没角礫岩の地帯の中に限って胎しており,構造的な割れ目が周囲岩石に形成されている.この角礫岩のマトリクスは化学的堆積物や鉱物鉱石によって構成されている[Norton : 1917, Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android