ひむか本サバ(読み)ひむかほんさば

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ひむか本サバ[水産]
ひむかほんさば

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
主に延岡市北浦町で養殖されている。1999(平成11)年よりマサバ養殖を開始。宮崎県北東の北浦で、天然種苗と無投薬にこだわって育てられる。出荷前7日以上は餌止めして、胃の内容物を除去し肉質を安定させる。魚体重400g以上のマサバが、ひむか本サバとして出荷される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android