コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴっしゃり ピッシャリ

デジタル大辞泉の解説

ぴっしゃり

[副]
物を打ったり、たたいたりしたときの音を表す語。
「何でも頭―と打ってみにゃ合点せぬ」〈松翁道話・三〉
物と物とが寸分たがわず合うさま。
「先づ―と合ひました」〈浮・万金丹・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴっしゃり

( 副 )
平手などで強くたたきつける音を表す語。びっしゃり。 「 -ぽんと、叩き立ちにしてゆく事/浮世草子・一代女 1
物と物とがぴったりと合わさるさま。また、その音を表す語。びっしゃり。 「襖ふすまを開きしが、また-引きたてつ/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴっしゃりの関連キーワードしゃり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android