コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴっしゃり ピッシャリ

デジタル大辞泉の解説

ぴっしゃり

[副]
物を打ったり、たたいたりしたときの音を表す語。
「何でも頭―と打ってみにゃ合点せぬ」〈松翁道話・三〉
物と物とが寸分たがわず合うさま。
「先づ―と合ひました」〈浮・万金丹・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴっしゃり

( 副 )
平手などで強くたたきつける音を表す語。びっしゃり。 「 -ぽんと、叩き立ちにしてゆく事/浮世草子・一代女 1
物と物とがぴったりと合わさるさま。また、その音を表す語。びっしゃり。 「襖ふすまを開きしが、また-引きたてつ/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴっしゃりの関連キーワードしゃり

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android